SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。
当社では、このゴールの趣旨を踏まえて、社員を巻き込んで目標を設定し活動することで、直接・間接的に国際目標の達成に寄与しようと考えています。

経営全体の質を上げるべくISO・TPM等を統合し、更に健康経営、SDGsを加え一体化したマネジメントシステムを構築しております。
独自の社員教育システムで質の高い教育を提供し、全ての社員にチャンスを平等に与え、成果は公平に配分しています。
環境問題についても積極的に環境負荷の低減を図るべく、再生可能エネルギーの導入、安全安心な車、環境対策車の導入も行っています。また、社員に対しても省エネに対する啓蒙活動に併せて、より具体的にゴミの減少、食品ロス削減への取り組み等の後押しも行っています。
研究・技術開発、イノベーションにも取り組み強い経営基盤づくりと顧客価値に基づく製品開発にも力を入れて参ります。
この活動を有効に継続するために個々の社員に「私のコミットメント」を作成・維持させながら改善を続ける所存です。